DSMI Serverの使い方

2011-03-21 #Uncategorized

iPhoneMIDIコントローラーアプリ[ Arcede MIDI Controller ]の使用手順がちょっとややこしいので、キャプチャ付きの解説記事を書きました。

この記事ではMac版 Ableton Live Introを使用した場合を例に解説します。

[この記事で使用しているソフトウェア]

・サーバーソフト [Mac版 DSMI Server for OSX] / 無料 ・iPhoneアプリ [Arcede MIDI Controller v1.0] / ¥115 ・DTMソフト [Mac版 Ableton Live Intro] / $99

[使用手順]

1.DSMI Server for OSXをインストールする

dsmiの GoogleCodeダウンロードページ に行き、「 DSMI Server for OSX 」をダウンロードします。

<img src="https://12px.com/blog/images/2011/03/19/Google%20ChromeScreenSnapz001.jpg" alt="110319_1.jpg" title="110319_1.jpg" decoding="async" />

<img src="https://12px.com/blog/images/2011/03/19/Google%20ChromeScreenSnapz002.jpg" alt="Google ChromeScreenSnapz002.jpg" title="Google ChromeScreenSnapz002.jpg" decoding="async" />

解凍後、アプリケーションフォルダにDSMidiWifi.appをコピーします。 Path FinderScreenSnapz003.jpg

2.DSMI Serverを起動

DSMI Serverを起動します。 下記のようなウィンドウが立ち上がります。

DSMidiWifiScreenSnapz002.jpg

3.Ableton Live Introを起動、設定

・Ableton Live Introを起動

Path FinderScreenSnapz005.jpg

・「Live」→「環境設定」から「MIDI Sync」タブを選択。

LiveScreenSnapz002.jpg

Inputが DSMIDIWifioutになっている事を確認し、トラックとリモートをそれぞれオンに設定します。

4.Arcede MIDI Controllerを起動

・Live側で「オプション」→MIDIマップアサインモードを選択します。

LiveScreenSnapz005.jpg

iPhone側でArcede MIDI Controllerアプリを起動します。

cap.jpg

ボタンを押して、MIDIマップをアサインします。

LiveScreenSnapz004.jpg


(何も反応しない時、一度ネットワークを切り、再度接続すると解消される事があります。)

LiveScreenSnapz003.jpg

Profile
😛

石原 悠 / Yu Ishihara

デザインとプログラミングとヨーグルト作りが好きです。