パキパキカメラ on Release.

撮った写真をパキパキに加工するiPhoneアプリ「パキパキカメラ」をリリースしました。

ふとこっちのブログでドロネー図を勉強した時についでに作ってみようと思い立ったのですが、いざObjective-C2で書き始めてプロジェクトにOpenCVをロードしてみたらOpenCVのライブラリ内に配列を渡すだけでドロネー図、ボロノイ図の座標を返してくれる便利関数が用意されていて、特に何の計算もする事無く出来上がってしまいました・・・

何を撮ったら良いアプリなのか自分でもさっぱり検討がつきません。

パキパキカメラの特徴

  • 撮影した写真かライブラリから選択した写真にエフェクトをつける事ができます。
  • 撮影時には長方形か正方形を選択でき、全面と背面のどちらのカメラも使用する事ができます。
  • パキパキエフェクトの頂点数を調整する事が可能です。
  • パキパキエフェクト写真と元の画像を透過させて重ねた状態で合成する事も可能です。透明度も任意に調整が可能です。
  • 加工した写真はTwitterやFacebookでシェアしたり、そのまま保存する事が可能です。

ランディングページ

時間的に余裕が無かったのでランディングページは簡単なのになってしまいました・・・

パキパキカメラ - ランディングページ