Unity1週間ゲームジャムに参加した

2019-04-10 #Unity

先月の話なのですが、フリーゲーム投稿サイト unityroomさんで2019年3月11日〜17日に開催された Unity 1週間ゲームジャム / お題「つながる」 に参加しました。

Unity 1週間ゲームジャム お題「つながる」 | フリーゲーム投稿サイト unityroom https://unityroom.com/unity1weeks/12

作ったもの

こちらで遊ぶ事が可能です。

トコトコキノコ https://unityroom.com/games/tocotoco

せっかくなのでプロジェクトファイルもGithubにファイルをあげておきました。

個人で開発している方とかだと、人が作ったプロジェクトファイル一式を見る機会とかってあんまり無いかもしれないので、音の鳴らし方は知っているけど、他の人はプロジェクトの中でどうやって整理しているのかな?とか、UIとか画面遷移はどうやって分けて管理しているのかな?とか、こういった挙動はどのオブジェクトに書いているのかな?とかの参考の1つになればと思いアップしてみました。

綺麗なコードでは無いのですが、スピード重視で作成したのもあって各ファイルの行数も少なく、そこそこ見通しよく簡潔に書けた気がするので、逆に お!こんなもんでええんか! みたいな気持ちになっていただいて、参加へのハードルを下げる一助になれば幸いです。

プロジェクトに入っているプログラムもキノコの3Dモデルもご自由にご利用いただいて大丈夫です。

素材について

キノコのモデルは以前Blenderの練習がてら作成したものを使用しました。 あと、アニメーションは時間がかかりそうなので、Mixamoを利用させていただきました。

タイトルロゴはぼんやりイメージとしていたのは斜めの線を道みたいにしたいというアイデアがあったんだけど時間も無いしあまり凝らずにスピード重視でSketchで5分くらいで作成。

また、その他の素材として、フォントはNotoSans、音は効果音ラボ さんのものを使用させていただいております。

雑感

諸事情で2日しか手を動かせなかったのですが、なんとか時間内にアップロードする事ができて一安心したものの、3Dの回転を生かした仕掛けとかを考えたり組み込んだりする時間が全然足りなかったので、なんだか動くだけのものになってしまったような気がしなくもない…

時間が無いと手元の引き出しにあるスキルで勝負しがちになるので、カラーリングとかパーティクルとかライティングとかの見栄えの部分を頑張りそうにるのですが(実際のところ手を動かしている間は楽しいのでそれはそれで良いのだけど)、面白いものを作りたくて手を動かし始めたのでやっぱりもうちょっとアイデア出しに時間を割くべきだったなぁとしみじみ思いました。

また、斬新さランキングで6位をいただいてしまって非常に心苦しいのですが、ゲームシステム自体は元のネタがちゃんとあって、インディーゲームデベロッパーのSimogoさんがXbox360時代に開発したilomiloというゲームが頭の中にありました。なのでオマージュ的なものになります(当初は独自のギミックや遊び要素を追加して違う感じにしていくぞ!という思いで進めていたのですが、全然時間が足りなくてかろうじて似たシステムで動いているのみ…みたいなものになってしまいました…)。

ilomilo - Gameplay HD https://www.youtube.com/watch?v=wpXWyWj2p04

こちら今はXboxがなくてもWindowsで580円でプレイできるみたいです。10年近く前にやったので細かい部分はうろ覚えですが非常に面白かった記憶があるのでもしご興味あれば是非。

ilomilo plus https://www.microsoft.com/ja-jp/p/ilomilo-plus/9wzdncrfhw7p?cid=msft_web_chart&activetab=pivot%3Aoverviewtab Xbox Live アーケードで多くの人に愛される人気ゲーム『ilomilo』が Windows 8 版で登場。楽しい追加レベル、ドキドキがいっぱいの 2 つの新チャプター、そしてチャレンジ精神をくすぐる 3 つのキューブを加えて内容も盛りだくさん。
Profile

石原 悠 / Yu Ishihara

東京都杉並区在住。デザインとプログラミングとヨーグルト作りが好きです。