🤖 Flutterで開発中のアプリをビルドしたら自動でapkをSlackに投稿するようにしてみた

2021-01-16 #Development

開発中のアプリを実機にインストールするのにスマホをパソコンに直接繋ぐのが面倒なので Slack に .apk ファイルを投稿してデバイスに渡す事がちょこちょこあったのですが、面倒なので make でビルドのコマンドを打ったらそのまま Slack にも投稿してくれるようにしてみました。

Makefile:

#!make
-include .env

FILE_PATH_APK=build/app/outputs/apk/release/app-release.apk

build-apk:
	flutter build apk;\
	curl -X POST \
		-F channels=${SLACK_CHANNELS} \
		-F token=${SLACK_TOKEN} \
		-F file=@${FILE_PATH_APK} \
		-F title=${APP_NAME} \
		-F initial_comment="uploaded at $(shell date +%Y/%m/%d-%H:%M:%S)" \
		https://slack.com/api/files.upload

.env:

APP_NAME=<appname>
SLACK_TOKEN=<token>
SLACK_CHANNELS=<channel_id>

これで $ make build-apk するだけで実機の検証ができるようになった。

ここまでやってから Github Action でやった方が良いのではという事に気づいてしまったけどまぁいいか…

comments powered by Disqus
Profile
😛

石原 悠 / Yu Ishihara

デザインとプログラミングとヨーグルト作りが好きです。